おせち料理のそれぞれの品に込められた意味を知る

おせち料理を通販で購入するもしくは自宅で準備するにしても、それぞれの品に込められた意味を知れば違った意味でおせち料理を愉しめます。意味が理解できれば単に好き嫌いだけで口にすることもなくなるかもしれません。

 

子供達も料理の意味が解れば少しはおせち料理を口にするかしら・・・


先ず、おせちは節句料理のひとつで正月料理のことを言います。おせちは中国から伝わったとされていますが、伝わった当時は節句のお祝い料理の全てを指していたようですが後に節句の中でも最も重要な正月料理だけを指すようになったようです。

 

今年は本格的なおせち料理を通販で予約して意味も説明してみるわ!


昭和に重箱詰めのおせちが確立

また、当時は現在のような重箱で詰められた料理ではなく、重詰めは江戸時代からとされる説もあるようですが現在の重箱に詰める手法が確立されたのは昭和に入ってからです。

一般的にデパートなどが重箱詰めで販売開始した頃といわれています。そして、その重箱に詰め込まれた各品々にもいわれがあります。

基本的に中身は祝い肴、酢の物、焼き物、煮物に大別されますが、それぞれの地方によって構成は多少異なるようです。以下がいわれです。

おせち料理の品目 由来と願い
黒豆 健康を願ったもので元気でマメに働けるようにという意味。
伊達巻 名の由来は伊達者の着物で書物を表す巻物は教養を持つ願い。
田作り 祝い肴のひとつで五穀豊穣の願いを意味する。
紅白蒲鉾 紅白の紅は慶びで白は神聖で蒲鉾の形状は初日の出の象徴。
数の子 ニシンの子(二親)からの子という意味で子孫繁栄を願う。
ちょろぎ 長寿を願う酢の物。
たたきごぼう 長く根を張るという意味から豊作を願った料理。
栗金団 栗は勝ち通じるいわれがあり金運を願った料理。