正月には甘いズコットも欲しい!

福島県にあるキャナリーロウというカジュアルイタリアンのお店のズコットが大好きで、家でも作ってみました。ズコットとは、ドーム状のスポンジの中にナッツやチョコレートチップが入った生クリームが詰まっている、

 

イタリアの伝統的なケーキです。


材料は市販のスポンジと生クリームと、好きなナッツとチョコレートだけ!作り方は、1センチ厚にスライスしたスポンジをピザのように放射状にきってから、18cmくらいのボウルに敷きつめます。

泡立てた生クリームに砕いたナッツとチョコレートをいれて、スポンジを敷いたボウルの中に詰めて、最後に余ったスポンジでふたをして、冷蔵庫で冷やすだけ!後は、1時間以上冷やして、

 

お皿をボールの上に逆さにかぶせて、ひっくり返してボールをはがせば出来上がり!


アレンジでスポンジをカステラにしたり、生クリームと一緒にクリームチーズやマスカルポーネチーズを入れても美味しいです。また、ラム酒をクリームに数滴いれると大人の味に!

 

ポイントは具沢山にすることだけ。簡単なのでぜひ試してみてください♪


美味しいきのこのカラシマヨネーズ和えも正月に食べたい

以前読んだファンタジー小説に出て来た料理の中で美味しそうなきのこサラダがありました。ピリッと辛くてコクのある味と言う表現が魅力的だったので、自分なりに再現して作ってみようと思ったのです。

 

材料はエノキにしめじ、エリンギがメインです。


エノキとしめじは適当な大きさに切って、エリンギは大体4ミリ以下の薄さに切ってから鍋に沸かしたお湯で2分程度ゆでます。ゆでたきのこをささっと氷水で冷やして水気を切ったらからしとマヨネーズで和えます。

分量はきのこ全体にマヨネーズが行き渡る位で、その後塩と胡椒少々入れます。お皿の上にレタスを敷いてその上にきのこのカラシマヨネーズ和えを盛り付ければ完成です。

 

材料のきのこは他の種類の物でもゆでる時間が一緒位の大きさなら何でも大丈夫です。


何か一品足りない時やオシャレなサラダが食べたい時などに良く作ります。また、お酒のおつまみにも合うしサラダの上にトッピングしても良く合います。辛い物が好きな人にはお勧めのきのこ料理です。

塩麹を使用した唐揚げも正月にピッタリ

塩麹を使用したおいしい唐揚げのレシピを紹介します。まず下準備として鶏モモ肉は皮と身の間の脂肪を丁寧に取り除き、一口大に切ります。次に塩麹を入れます。生姜のすりおろし、ニンニクを入れます。市販のチューブでも大丈夫です。

手でもみ込みます。そこへ醤油を入れます、量はお好みでいいと思います、おつまみ用であれば結構たっぷりと入れてもいいと思います。これを30分程度おきます。次に溶き卵を肉に絡ませます。そこに片栗粉をいれさらに混ぜます。

 

出来上がったものを160度~170度のたっぷりの油で揚げます。


塩麹を入れると焦げ付きやすくなりますので十分に注意して揚げてください。一度油から引き上げて2度上げするとよりおいしくなります。完成となります。

普通の唐揚げよりも塩麹を使ったことによって肉が柔らかくなり、さらにうまみが増しよりいっそうおいしくなります。さっぱりとしたおいしさであきが来ずご飯のおかずにぴったりです。